二人目不妊 高齢出産

MENU

二人目不妊は高齢出産と関係しているの?原因とリスクについて

 

二人目の赤ちゃんがほしいと思っても、高齢出産となる年齢にさしかかると、色々な不安が出てくると思います。
先天性異常のリスクが高まったり、帝王切開となる可能性があったりと、気になることはたくさんありますよね。

 

二人目がほしいのに妊娠することが出来ないという方の場合、
高齢出産となる年齢に関係があるのかと考えている方も多いと思います。

 

今回は、二人目不妊となる原因や、高齢出産のリスクについてご説明していきたいと思います。

 

 

二人目不妊とは

 

そもそも二人目不妊とはどのような状態を指すのか、把握していきましょう。
二人目不妊とは、一人目はすぐに授かることが出来たのに、二人目がなかなか授かることが出来ないという状態です。

 

自然妊娠で一人目を授かることが出来た場合には、二人目もすぐに授かることが出来ると思いますよね。
ですが、なかなか授かれないという場合、旦那さんにも奥さんにも、何らかの原因がある場合もあります。

 

この二人目不妊に悩む夫婦は、意外と多いと言われているのです。

 

 

二人目不妊の原因は?

 

二人目不妊となる原因にはいくつか考えられるものがあります。
ですが、一番大きな原因となるものとして、「卵子と精子の老化」が挙げられます。

 

 

卵子と精子の老化

 

高齢出産と言われる年齢は、大体35歳以上です。
年齢を重ねるごとに、卵子や精子は老化していってしまいます
老化に加えて、ホルモンバランスも乱れていきますので、妊娠しづらくなるのですね。

 

 

男性側にも原因が?!

 

年齢を重ねて精子が老化すると、奇形の精子が増えたり、運動量の少ない精子が増えたりすることがあります。
実は女性だけではなく男性側にも原因があることもあるのです。

 

ちなみに、男性にも高齢出産に値する年齢があり、40歳前後と言われています。

 

 

高齢出産のリスクとは

 

高齢出産となる女性が抱えるリスクには、様々なものがあります。

 

・胎児に先天性異常の危険性が高まる
・胎児に発達障害の可能性が高まる
・帝王切開の可能性が高まる
・不妊になる可能性が高まる

 

など、このようなリスクを抱えることになってしまいます。

 

 

先天性異常のリスク

 

先天性異常の危険性が高まると言われている中でも、
ダウン症に関しては、妊婦さんの年齢が高くなるにつれて発症率も上がるものです。

 

35歳でのダウン症の発症率は、0.3%程度となっていますが、
あまり人事に捉えられるものでもありません。

 

先天性異常は主に、女性側が原因で起きると言われています。

 

 

発達障害のリスク

 

発達障害は主に、男性側が原因で起きると言われています。
精子の奇形率が高くなっていたり、質が悪い精子があると、このようなリスクに繋がります。

 

発達障害としては、自閉症や注意欠陥障害などが挙げられ、脳機能の障害です。

 

 

不安を解消するためには、葉酸サプリがおすすめ

 

高齢出産のリスクを低下させるための最適な方法は、葉酸サプリを摂取することです。

 

葉酸には、妊娠初期に胎児が行う細胞分裂をサポートする働きがあります。
子宮内膜を強化したり、血流を促進する効果もありますので、妊活中〜卒乳まで必要です。

 

 

厚生労働省は葉酸摂取を推奨

 

厚生労働省は、葉酸をサプリメントから摂取することを推奨しています。
その理由は、食事から葉酸を摂取することが難しいためです。

 

1日の推奨摂取量は、400μgとなっており、
妊娠を希望する時点から摂取しはじめることが推奨されています。

 

 

おすすめは美的ヌーボプレミアム

 

おすすめとなる葉酸サプリは、美的ヌーボプレミアムです。
高齢出産となる方々をサポートしてくれる栄養素がたくさん配合されています。

 

葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12・鉄分・カルシウム・ビタミンC・ミネラル・DHA・EPA
などの栄養素が配合されており、成分は天然成分というこだわりがあります。

 

添加物も危険性がなく、使用されているのは2種類のみです。

 

安心して飲み続けることが出来るサプリメントとして、
高齢出産の方にもおすすめできるものとなっています。